電話受付

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

コロンビアの2018新ホームユニフォームが登場。

サッカーコロンビア代表は再びFIFAワールドカップで出場することになりました。2014のワールドカップブラジル大会でラダメル・ファルカオ、ハメス・ロドリゲス、フレディ・グアリンなど世界トップレベルの豊富なタレントが続々と現れたことで再び強豪チームとなり、2014年ブラジル大会では強豪ぞろいの南米予選を2位で突破して4大会ぶりの出場を果たしました。

2018 コロンビア代表 ホーム ユニフォームはコロンビア伝統的な黄色を採用しました。ユニフォームの両側が青×赤の色あわせの幾何グラフィックを配置しています。これも、90年代初めのコロンビアの黄金世代にオマージュを捧げるアイニックなデザインを採用します。1990年モデルと違って、新ユニフォームの両袖は全て黄色です。肩部分のアディダスの象徴「三本線」は黒を採用しました。パンツは青を基調でソックスの色が赤です。ソックスの前面にはコロンビアサッカー連盟の略称“FCF”、背面にはadidasロゴが入る。

首の後方には「一つの国として団結」を意味するスペイン語、「UNIDOS POR UN PAIS」の言葉をデザイン。

テクノロジーINFO:

「climachill」は、肌に接触して冷感をもたらす「アイスドット」と、ふたつの特殊糸「サブゼロヤーン」と「ポーラーファイバー」を組み合わせた生地を採用し、アディダス史上これまでにないクーリング性能・通気性・吸汗速乾性を実現。夏のアスリートの衣服内環境を快適に保ちます。

コメントを残す