10,000円以上のご注文で送料無料!!

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

ニュース:ブラジル代表はロシア代表以外W杯出場の最初のチームになった。

3月下旬に行われたサッカーの2018年ロシアワールドカップ(w杯)南米予選の第13節と14節で、ブラジルが見事な試合内容で連勝。4節を残して4位以内を確定し、予選を勝ち抜いて本大会出場を決めた世界最初の国となった。いずれも決してたやすい試合ではなかっただけに、ブラジルの強さが一層際立った。

2017年3月29日、ブラジル代表ホームチームは3-0パラグアイ代表で勝利しました。2018年ロシアワールドカップの出場の最初チームになりました。

2017年03月28日にサンパウロのアレーナ・コリンチャンス・スタジアムで行なわれた「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」南米予選第14節、ブラジル代表対パラグアイ代表の試合中、ホームのブラジル代表がMFフィリペ・コウチーニョ(#11)とFWネイマール(#10)、DFマルセロ(#16)のゴールによって、パラグアイ代表に3-0で勝利しています。今まで、ブラジル代表9回連勝、ワールドカップ予選の中、8回連勝。33ポイントを取りました。

次回の試合はアルゼンチン代表vsウルグアイ代表だから、この2つチームはブラジル代表を当時に超えないことです。そのため、ブラジル代表が次の4回の試合で完敗してもw杯の入場券がもらえます。また、ランキング6位のエクアドルのポイントは20ですから、最後の4回の試合中、ブラジル代表を超えること無理です。試合のポイントのルールによって、ブラジル代表もうw杯の入場券がちゃんともらった。

コメントを残す