電話受付

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

日本代表 ユニフォーム 評価

今年6月13日、2018ロシアワールドカップアジア最終予選B組の日本代表はイラク代表と対戦しました。日本代表は1-1で引き分け、5勝2分け1敗で勝ち点を17に伸ばして首位を守りました。

試合は、日本代表がアウェイとしてイラク代表と対戦しました。試合当日、日本代表の出場メンバーの着用サッカーユニフォームは2016 日本代表 ホーム ユニフォームです。

それでは、2018ロシアワールドカップ向け日本代表 ユニフォームを見ていきます。

皆様ご存知のように、2015年11月、アディダスジャパンは2018年のロシアワールドカップに向けた日本代表ユニフォームを公式に発表しました。その日本代表ホームユニフォームのデザインコンセプトは『青の“調和”』です。

アディダスが制作した日本代表のホームでは、史上もっとも濃い青を用い、正面には11人の選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置されています。

ユニフォームの中央に配された赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表した“一本線”です。

襟裏に今回大きくプリントされたのは、協会エンブレムでお馴染みの三本足の烏の羽。ロシアの地へチームを導く先導者という意味合いが込められています。襟付きのユニフォームをモチーフにした首まわりも珍しいデザインですね。

アディダス三本線はユニフォームの両脇に配置されています。

背面全体に採用された高い通気性を備えるハイパーベンチレーションメッシュにより、表側からもそのシルエットが確認できます。背面から見ると首元の赤の印象が深いです。

コメントを残す