電話受付

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

日本代表 ユニフォーム 2015 AFC ホーム 半袖【回顧】

今日は、2015 AFC 日本代表 ホーム ユニフォームを回顧しましょう。2015年1月9日から1月31日にかけて、オーストラリアで開催された第16回目のAFCアジアカップで、予選を含む参加国数は25、本大会出場は16カ国。日本代表は2011年大会の優勝国として出場しました。AFCアジアカップ2015で日本代表のサッカー選手たちは2014 ブラジルW杯で着用したユニフォームを二度目採用しました。

 

AFCアジアカップ2015で着用するサッカー日本代表ユニフォームは2014 日本代表 ホーム ユニフォームのデザインを流用しました。2014 日本代表 ホーム ユニフォームのデザインコンセプトは『円陣』で、表身頃にはエンブレムを中心に11本のラインを放射状へ入れ、円陣を組んだ後にピッチへ散っていく11人の選手たちを表現しました。ベースカラーには2012-13モデルよりも明るいジャパンブルーを採用し、袖口には流行のネオンカラー(蛍光色)を配しています。後身頃の上部には同じくネオンカラーで、「結束の一本線」を配置しています。独特のタッチで描かれた線が円陣を組んだ際、鮮やかな一つの“円”となり、選手とサポーターの絆、そして勝利への想いを高めます。違う所は、サッカー選手のユニフォームの表面と裏面の番号と選手の名前は金色を採用しました。2011年大会の優勝国として、日本代表 ユニフォームのフロントの真中はゴールドマックを特別に追加しました。パッチの上に優勝カップのイラストをバランス良く配置しています。

コメントを残す