10,000円以上のご注文で送料無料!!

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

月別アーカイブ: 5月 2017

  • サウジアラビア代表 2017ユニフォーム、超シンプルなデザインで2018W杯を目指す。

    今日はサウジアラビア代表ユニフォームを紹介します。みんなご存知のように、サウジアラビア代表は近隣の中東諸国同様サッカーが盛んであり、実際に中東、アジア内の強豪の一国として知られています。アジアカップの上位争いの常連であるだけでなく、FIFAワールドカップの常連としても知られています。

    2017年3月、「ナイキ」は「2017 サウジアラビア代表 ホーム ユニフォーム」を公式に発表しました。このユニフォームは2018ロシアw杯アジア最終予選でサッカーサウジアラビア代表を着用しました。

    サウジアラビア代表新ユニフォームのメーカーブランドは前続き「ナイキ」で、メーカーロゴはユニフォームの右胸に刺繍しています。(写真参照)

    新ユニフォームはブラジル代表2016モデルなどと同じ最近のナイキユニフォームに使用されてるいるテンプレートの白基調で襟回りとサイドのライン、ナイキロゴに緑を使用しました。

    ホームユニフォームはブラジル代表2016モデルなどと同じ最近のナイキユニフォームに使用されてるいるテンプレートの白基調で襟回りとサイドのライン、ナイキロゴに緑を使用しました。

    後ろ襟には「SAUDI ARABIA」と刻まれています。カラーはサウジアラビア伝統的な緑を採用しました。

    総体、超シンプルなデザインですね。

  • スペイン代表、カジュアルポロシャツをWorldcup Uniformで入荷!

    今日は「スペイン代表 ポロシャツ 半袖 レッド」を紹介します。スペイン代表ポロシャツとホームユニフォームが同じ、両脇部分は黄色の“スリーストライプス”は配されています。

    胸元は固い3つボタンで開閉が便利です。

    ユニフォームと同じ、メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。協会エンブレムは織りワッペン縫い付けています。協会エンブレム上の星は刺繍です。

    ロングパンツは青にします。

  • セルビア代表2016-2017ホームユニフォーム「Umbro」のデザインが簡単!

    セルビア代表が新ユニフォームを発表しました。サプライヤーは「Umbro」です。新ユニフォームは伝統的な赤を保存した上に、すごくシンプルなデザインも入りました。

    新ユニフォームの裏面の襟の下はセルビア代表サッカー協会エンブレムのデザイン入り。

    ホームは赤基調でポロカラー、襟、袖口とアンブロロゴに白を使っています。

    2016-2017ユニフォームはワールドカップ2018予選などで着用されます。

  • 2018w杯ヨーロッパ予選向け新たなデンマーク代表ユニフォーム

    「We Will Rise Again」

    ヒュンメル(Hummel)は、2018ロシアに向けて9月4日から始まるヨーロッパ予選でデンマーク代表の着用する新ユニフォームを発表。ヒュンメルがデンマーク代表のサプライするのは、2004年以来。ヨン・ダール・トマソンやデニス・ロンメダールが最後にプレーしてから12年の月日が流れました。まさに、フットボールシャツの歴史の中で最も象徴的だったパートナーシップのひとつが、復活の狼煙をあげた格好となりました。

    デンマーク伝統の赤と白のコンビネーションをベースとしたホームユニフォームは、肩にヒュンメルのアイコンであるシェブロンライン、右袖にデンマーク国旗をデザイン。

    左袖の内側には、古代ルーン文字でDENMARKと綴っています。また、DBUのミッション’En del af noget større’をプリント。これは、「私たちは、より大きなものの一部である」という意味で、サッカーが健康や友情に作用し、社会の中で責任があることに対する宣言になります。

    さらに、デンマークヒストリーを織り込みました。中世の古戦場で勝利を収めてきた古代スカンジナビアの胸当てのパターンを襟下から袖にかけて採用。

    さらに、デンマークが必要としている時に目覚め、人々を救うといわれているクロンボー城の地下牢に眠るホルガー・ダンスクと呼ばれる英雄を、シャツのフロント部にエンボス加工しています。

    デンマーク代表は、3月27日(月)、2018ロシア欧州予選グループEアルメニア代表vsデンマーク代表は0:0で結束。今すぐサッカーデンマーク代表 ユニフォームをチェックします。

  • サッカードイツ代表を応援する大ファンたち向けのカルチャーウェア

    サッカードイツ代表を応援する大ファンたちはきっと歴代のドイツ代表 ユニフォームを持ています。私はそう思います。ホームとか、アウェイ、GKユニフォームとか、きっと深く了解すると思います。だから、下図の1点を持つかるか、それは不確定です。話を主題に戻って、今日は、2017サッカードイツ代表カルチャーウェアを紹介します。まずは写真をご覧になってください。

    2017サッカードイツ代表カルチャーウェアはドイツ伝統的な白を基調にデザインしました。アイテムのスタイルはポロシャツ仕様を採用しました。2017 ホーム ユニフォームと同じ、フロントの上部分は90年代のアウェイモデルに触発されたグラフィックがプリントされています。

    胸元は固い3つボタンで開閉が便利です。ユニフォームと同じ、メーカーブランドは前続き「アディダス」、メーカーロゴは刺繍です。

    両脇裾にはスリットが入ってます。

  • 「ナイキ」は2017 フランス代表 ユニフォームを発売!何故か黒?

    今日は2017シーズンフランス代表ユニフォームを紹介します。 3月15日、フランス代表 ユニフォームはナイキ公式サイトで発売しました。新ユニフォームのデザインコンセプトは「BLACKisthenewBLEU」です。

    新ユニフォームは黒を基調にデザインしました。フランスのストリートカルチャーとファッショントレンドも結合しました。

     

    いつものデザインと同じ、ユニフォームの左胸は協会エンブレム配置しています。メーカーロゴのカラーはシルバーです。

     

    新ユニフォームは国際試合で着用されません。

     

    パンツとソックスは黒で、全体としてはやはり黒の印象が強い。

    総評:「ナイキ」が発売したフランス代表ユニフォームのデザインはすごく簡単だと思います。ユニフォームとしても、なんだか、黒の無地Tシャツという感じがあります。

  • カメルーン代表、「African Nations Cup2017」 ユニフォーム登場!

    サッカーカメルーン代表は、カメルーンサッカー連盟により構成されるカメルーンのサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都、ヤウンデにあるスタッド・オムニスポール・アマドゥ・アイジョ。愛称は「不屈のライオン」(Les Lions indomptables)。2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アフリカを代表する強豪国である。

    5月に新モデルを発表していたカメルーン代表がアフリカネイションズカップ2017などで着用されるホームユニフォームを新たに発表。サプライヤーは「Puma」。

    新ユニフォームは国旗カラーでデザインされ、緑基調に黄色を襟や袖口に、赤を背中やフォームストライプ、襟、袖口、背中に配された三角パターンに使用した。

    サッカーユニフォームの裏は黄色の線でユニフォームを二つ部分に分割された。上は赤、下は緑。緑の部分は赤の三角パターンで飾られる。

    新ユニフォームの襟口で国名「CAMEROON(カメルーン)」の文字をバランスよく示している。

    パンツは赤、ソックスは黄色という国旗カラーを踏襲。

    ユニフォームの表と裏はPuma最新の「ACTV Thermo-R」テクノロジーを搭載している。

  • ロシア代表、古典的で鮮やかな赤を基調に2017ユニフォーム発表。

    2016年末、ロシアサッカー連合(RFU)は斬新の2017 ロシア代表 ホーム ユニフォームを公式に発表しました。新ユニフォームのメーカーブランドは前続き「アディダス」です。サッカーロシア代表はFIFAコンフェデレーションズカップ2017でこのユニフォームを着用する予定です。(FIFAコンフェデレーションズカップ2017の開催時間は2017年6月17日-7月2日)

    ホームユニフォームは前世紀のサッカーソビエト連邦代表ユニフォームのデザインからインスピレーションをもらいました。赤と白の色あわせで古典的な雰囲気が溢れています。その一方、伝統的なロシアのサッカーも称賛しました。

    新ユニフォームの最大の特徴はフロントと袖のデザインです。アディダス3本線は肩に配されています。また、リンガー仕様の襟と袖口の白の配色で人々に深い印象が残れるでしょう。

     

    ホームのパンツとソックスは赤で、全体としてはやはり赤の印象が強い。

  • 日本代表、1994年記念ユニフォーム#11番【三浦知良】

    2017年の最新シーズンのサッカー代表ユニフォームを紹介している同時に、1994年記念のサッカー日本代表ユニフォームをみんなと一緒にご覧になりましょう。具体的に言えると#11番 三浦知良選手のユニフォームをご覧になりましょう。

    1994年のごろ、皆様は何歳かな。1994 FIFAワールドカップってどうな印象が残りましたか。1994 FIFAワールドカップ(1994 FIFA World Cup)は、1994年6月17日から7月17日にかけて、アメリカ合衆国で開催された15回目のFIFAワールドカップであり、チーム数は24、結果はブラジル代表が優勝を取得しました。この大会から選手が着用するユニフォームの背番号の上に自身の名前(背ネーム)が入れられた。

    アメリカW杯予選着用モデル。1次予選では前回出場国のUAEを沈め、勇躍最終予選の地カタール・ドーハに乗り込みました。宿敵韓国にも競り勝ち、最終戦のイラクに勝てば悲願達成となりましたが、後半ラストプレーで痛恨の同点弾を浴び、得失点差で出場権を逃しました。

    1994 日本代表 ユニフォーム はポロシャツの仕様です。主な色基調は青×白×青。スポンサーは「アシックス」(asics)。

    #11番は三浦知良(FW)

    参考資料:1994 代表メンバー

  • 日本代表、ワールドカップ初出場決定メモリアルユニフォームが発表。

    アディダスジャパン(adidas Japan K.K)と公益財団法人日本サッカー協会 (JFA)一緒に斬新な日本代表ユニフォームを公式に発表しました。ワールドカップ初出場決定20周年特別企画で1997年のサッカーユニフォームを現代に復刻します。

    1997年11月16日は日本のサッカーの歴史の中で画期的な一日です。マレーシア・ジョホールバルで行われ1998年フランスワールドカップアジア最終予選で日本代表は3:2イラン代表、当時のワールドカップの出場券をもらいました。それもサッカー日本代表第1回でワールドカップ出場ですよ。今までも人々はその日の成績は忘れられません。日本の全体にも深く影響を与えました。

    メモリアルユニフォームの袖の炎のデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表現しています。高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッショ」を背面全体に採用します。袖には身体への密着度を増えした「アスレチックフィット」を採用します。

    2018年ロシアワールドカップ次の予選大会でサッカー日本代表はこの1点を着用するのか、一緒に楽しみましょう♪

1件~10件 (全11件)

  1. 1
  2. 2