電話受付

0Item(s)

カートの中には何もありません。

Product was successfully added to your shopping cart.

2018 ワールドカップ

  • アメリカ代表 2017-2018 ユニフォームは赤基調を大胆に採用。

    2017年3月、アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は2017-2018シーズンサッカーアメリカ代表アウェイユニフォームを公式に公開しました。新ユニフォームのサプライヤーは前続きは「ナイキ」です。斬新のアウェイユニフォーム(2nd)は赤基調を大胆に採用しました。それもアメリカ国旗の主な色です。皆様ご存知のように、赤は勇気と熱情を象徴しています。サッカーアメリカ代表はこんな素敵なユニフォームを着用してきっと人々に深い印象を残りますよ。サッカーアメリカ代表も新シーズンで新ユニフォームを利用して新挑戦に応じます。サッカーファンたちは一緒に楽しみましょう。

    アウェイユニフォーム(2nd)のフロントのアメリカ合衆国サッカー連盟のチームエンブレムも白と赤の色あわせでデザインしました。エンブレムの真中も「USA」をバランスよく入りました。下は赤と白のストライプです。

    ユニフォームのフロントも「ナイキ」の特別のデザインを入り、通気性と快適感も抜群になりました。

    ホームユニフォームと同じ、アウェイユニフォームの後ろ襟に「USA」の文字をバランスよく刺繍しています。右袖口に「1 NATION」、左袖口に「1 TEAM」を刺繍しています。

    パンツとソックスは赤で、全体としてはやはり赤の印象が強い。

    3月24日、サッカーアメリカ代表も2018ロシアワールドカップ北中米カリブ海予選大会で新ユニフォームを初利用しました。

  • FIFAは2026W杯出場国増えることが正式に決定した アジアは8になった

      国際サッカー連盟(FIFA)は10日、W杯の出場国数を2026年大会から48ヶ国へ増やすことを正式に決定した。目前、国際サッカー連盟(FIFA)もう各連盟の予選の出場枠の情報を正式に公開しました。その中、アジアから8ヶ国ヨーロッパから16ヶ国南米6ヶ国アフリカから9ヶ国北中米カリブ海から6ヶ国オセアニアから1ヶ国、残りの二つの国はW杯の開催国と開催国の所属大州のサッカー代表である。

      大会全体の試合数が増えることで放映権料や入場料などによる大幅な増収が見込めるなどのポジティブな面が強調される一方、ネガティブな予測もなされている。

      特に懸念されているのが大会自体のクオリティ低下だ。出場するチーム数が増えれば、これまでW杯を夢見るだけだった国がチャンスを掴めるが、試合の質に影響が出ることは避けられない。

      W杯の出場国が48になったとき、各大陸に割り当てられる出場枠がどうなるかというのは各国のメディアがこぞって予想している。そこで今回はブラジル『グローボエスポルチ』の予想と現在のFIFAランキングを元に、2026年大会の出場国をシミュレーションした。

      すると見えてくるのはこれまで以上に顕著な大陸間格差だ。アジアの最上位は29位のイランだが、ヨーロッパで最も順位が低いスロバキア(25位)や、南米最下位のエクアドル(20位)にも及ばない。

      長期的な視点に立てばW杯に出場することで“サッカー後進国”が夢を見ることができ、強化の促進につながるかもしれない。しかし、ヨーロッパや南米の国々も進化を続けており、差が縮まっていくかは不透明だ。

  • 国際サッカー連盟(FIFA)について

     

    国際サッカー連盟(International Federation of Association Football)略称はFIFA(フランス語発音: [fifa] フィファ、英語発音: [ˈfiːfə] フィーファ)。1904年5月21日に、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、ドイツ、デンマーク、フランス、ベルギーの8ヶ国で創立、初代会長はフランスのロベール・ゲランが務めました。本部はスイスのチューリッヒにおかれています。現在、世界で211協会が加盟しています。

    国際サッカー連盟はサッカー(アソシエーション式フットボール)の国際統括団体。公衆語は英語、フランス語、スペイン語やドイツ語などです。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、北中米カリブ海、南米、オセアニア6つの地域組織はFIFAに配置されています。

    FIFAの使命は、次のとおりです。サッカーの発展を促進するために、すべてのレベルでの競争と協会を発展させる他の手段、関係者や選手間の組織を通じて(職業アマチュア、非アマチュア)友好交流、連盟の構成を実装し、総会に代わって解像度とゲームのルール、人種的、政治的、宗教的差別の禁止です。

    FIFAワールドカップでは、巨大な観客があり、主なマーケティングツールです。チケット、テレビ放映権、スポンサー契約を通じて、巨大な経済的利益を得るためには。また、会費及び競争参加料からの部分的資金提供します。

    FIFA有名な試合例:ワールドカップ(1930年、すべての4年の任期)、オリンピックカップ(1912年に正式にオリンピック、すべての4年間の任期として記載されていた)、世界ユース選手権(すなわち、:FIFAは競争がある整理しましたコカ・コーラカップは、すべての2年間の任期)1977年に、アンダー17世界選手権では2年間の任期ごとに(1985)、FIFAフットサル世界選手権、女子世界選手権を始めました。

    2017年1月10日に、FIFAは正式に2026年のワールドカップ出場国は48チームが参加することを発表しました。

  • ニュース:ブラジル代表はロシア代表以外W杯出場の最初のチームになった。

    3月下旬に行われたサッカーの2018年ロシアワールドカップ(w杯)南米予選の第13節と14節で、ブラジルが見事な試合内容で連勝。4節を残して4位以内を確定し、予選を勝ち抜いて本大会出場を決めた世界最初の国となった。いずれも決してたやすい試合ではなかっただけに、ブラジルの強さが一層際立った。

    2017年3月29日、ブラジル代表ホームチームは3-0パラグアイ代表で勝利しました。2018年ロシアワールドカップの出場の最初チームになりました。

    2017年03月28日にサンパウロのアレーナ・コリンチャンス・スタジアムで行なわれた「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」南米予選第14節、ブラジル代表対パラグアイ代表の試合中、ホームのブラジル代表がMFフィリペ・コウチーニョ(#11)とFWネイマール(#10)、DFマルセロ(#16)のゴールによって、パラグアイ代表に3-0で勝利しています。今まで、ブラジル代表9回連勝、ワールドカップ予選の中、8回連勝。33ポイントを取りました。

    次回の試合はアルゼンチン代表vsウルグアイ代表だから、この2つチームはブラジル代表を当時に超えないことです。そのため、ブラジル代表が次の4回の試合で完敗してもw杯の入場券がもらえます。また、ランキング6位のエクアドルのポイントは20ですから、最後の4回の試合中、ブラジル代表を超えること無理です。試合のポイントのルールによって、ブラジル代表もうw杯の入場券がちゃんともらった。

  • W杯 マスコットは萌えオオカミ

    2018 FIFAワールドカップ(英: 2018 FIFA World Cup、ロシア語:Чемпиона́т ми́ра по футбо́лу 2018)は、2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシアで開催される予定の第21回目のFIFAワールドカップ。東ヨーロッパでは初の開催。

    開催国の決定に伴い、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の公式マスコットに「ザビワカ」と名付けたオオカミのキャラクターが選ばれたと正式に発表しました。

    「Zabivaka」の意味は「点を取る」という意味を持っています。

    マスコットのデザインはロシアのほぼ50校芸術機関の学生が提出した作品の中でロシアの全国ネットワークに投票した後、最高の3候補の一つに選出されました。

    インターネットによる投票で53%の支持を集め、最終候補だったトラの27%、ネコの20%を上回った。

5件のページ